あたしには、そのまけないゆめが、あるの。
***Chara
<< 京橋 main しろいひるまのつづき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
にゃー(≡・x・≡)
あんまこわいことは言う気はないけどさ
ほんっとに許せないことってあるよね。

自分が大人になることで、
人に優しくなることで、
全部分けて考えることで
受け入れられるって教えてもらっても

やっぱり、
努力と苦悩を重ねまくって
そうあることを望めるようになっても

根本的に、
人はいつでも幸せじゃない。

うまくいかなきゃ思い出すし、
なんで私が(´∀`。)
って思いますよ。

年を取ることで話を矮小化。

全部置き去りにして
逃げることの簡単さとずるさを
私は知ってる。

ぶんなげられた記憶とやっちゃったことは
なくならないのに、
よくもまあ。

話せる人も、聞ける人も
一緒に過ごしてくれる優しい人なんていない。


結局、隣にいる人はいつもちがうけど
私は誰のことも
いつも、全然見れない。

自分のことしか考えてないようで
自分のことも考えてない。

幸せを比べて、ほしいものばっか
足りないってイライラするけど

一人で耐えられるメンタルがあればね(≡・x・≡)

そこなのかなあと思うよね。

計算と便乗と選択ミスはもーいらないんです。

まっすぐ見れるだけの才能は
しがらみを捨てたら、努力をすれば
身に付くと知ってる。

最後にでもって言っちゃうけど

私はいつも、悲しいのよ。
行き着く先をいつも思って
泣いたりしてるけど、
それが、こわい。

つらいっす。
何年も考えてる。
どーーしても、許してあげられない。

卑怯だとしか思えない。


思い出すたびに
私がどんな思いでいるか、
分からないでしょ?


蔑んだ生涯賃金、いくらだっけ?
何をしてくれたの?


まー、気にすんなよ!って言ってあげたい気持ちもある。
でもね、それは、ほんとに、難しいことなんだよ?
02:10 - comments(0)
スポンサーサイト
02:10 - -
comment

message :